パリのヴィルトゥオーゾたち 

~ショパンとリストの時代~

ヴィルヘルム・フォン・レンツ著
中野真帆子訳
 

世界の中心だった19世紀のパリ。
若き外交官レンツはふたりの天才音楽家に出会うー

当時の社交界の花形であったショパンとリストの知遇を得たレンツが

鋭い観察眼と時にユーモラスな筆致で描き出す当世パリの音楽事情と芸術家達の青春の日々。

本邦初紹介。

ショパン刊 問い合わせ:03-5721-6032

定価 1995円(税込) / A5版上製/128頁 / 別冊約注つき

 

朝日新聞 2004年(平成16年)11月21日(日)

 

 

ショパンについての覚え書き

アンドレ・ジッド 著
中野真帆子 編訳
 

ジッドならではの視線と感性で、ショパンの音楽について鋭く考察した評論集。

その深遠で示唆に富む言葉は、ピアノ奏者にとって、独自の

ショパン像を描く有効な手掛かりになるだろう。

四六番 144ページ / 定価 1,575円(税込) / ISBN 4-88364-214-3

ショパン刊

 
 

ぴあクラシック  2006 Autum

 

La bibliothèque de Franc-Parler novembre 2006

 


CDジャーナル

2006年11月号

 

ショパンを廻るパリ散歩

~ロマン派時代の音楽事情~

中野真帆子 著
王 龍蒙 写真
 

  

ショパンのパリでの軌跡を年代順に辿りながら、ロマン派時代の音楽事情に想いを馳せる一冊。
 
ショパンゆかりの地が洗練された文章と美しい写真で紹介されている。
 
パリを訪れるなら是非手にしたい、ショパン・ガイド。
 

発刊日:2009/8/3
価格1800円+税 / 頁数:133 / ISBN978-4-88364-265-6 

ショパン刊

毎日新聞 2009年(平成21年)9月14日 (月)夕刊